事業内容
3PLサービス

商品開発に特化したい、出入荷が膨大、人員が不足…
御社の物流部門が抱える悩みを駿和物流が一気に解決

「3PL」は3rd Party Losisticsの頭文字をとったもの。「物流機能の外注」を意味しています。「商品開発に注力したいので、物流をすべてお任せできるビジネスパートナーを探している」といったご要望に対応。お客様のリクエストをきめ細かく聞き取り、駿和物流の今日まで培ったノウハウを駆使して、理想の物流システムを共創させていただきます。

駿和の3PLは、お客様の物流課題を共有し、培ったノウハウと実績を駆使して、最適な物流システムを提案致します。
今日までに複数のお客様で、弊社取り組みにより物流費削減を実現して参りました。下記はアパレル企業での実績です。
3PL実績例(アパレルN社)
Before
自社倉庫以外に輸入・保管・加工・入出荷を外部へ委託し、在庫が分散。
システム面においても、入出荷・在庫・作業等を「販売系システム」で管理していました。
After
分散していた在庫を集約管理し、入荷・保管・ピッキング・出荷の工程をお客様の販売管理系システムから、弊社が最適と想定するWMSへ変更。
その結果、作業効率のアップと使用面積の大幅ダウンを実現致しました。
その結果、
物流経費率5%の
削減に成功!

駿和物流
3PLサービスのポイント

EC物流事業をサポート(BtoC)
各通販サイトに対応し、お客様に代わって出荷業務を行っています。また、お客様に代わり、チラシの同梱や、各種サイトの運営サポートを行い、問い合わせ対応、返品の対応、出荷メール等業務も代行しておりますので、お客様にはECサイトの運営に専念頂くことができます。「EC運営に専念したい」「他の業務に手が回らない」「従業員の確保が難しい」などのお悩みを駿和物流が解決致します。
多種多様なリアル店舗への商品供給(BtoB)
お客様の各取引先様から頂いた受注データを元に、ピッキング、値札付け、店別仕分け、各種帳票出力、梱包等の作業を行い、指定された納品場所へ発送業務を行っています。
入荷から出荷、在庫管理、通関業務まで一元管理致します。
流通加工
「お中元・お歳暮シーズンに向けて、化粧箱を組み立て、詰め合わせギフトセットを作ってほしい」。「ポスト投函できるサイズやボリュームに商品を詰め直してほしい」。「返品されてきた商品を再出荷できるように整え、包装してほしい」。お客様からのさまざまなリクエストに応え、駿和が加工を行っています。
自社による通関保税業務
通関士資格を持つ社員が通関業務を担当していますので、駿和にお任せいただければ「通関業者と輸配送業者を仲介する」という従来の手間が一気に解消します。また、駿和では社内連携を密に取っており、通関後に輸配送車を手配する際のタイムラグ、通関遅れの際の再手配などが生じることもありません。
自社開発WMS
「WMS」はWarehouse Management Systemの略で「倉庫管理システム」を意味しています。入出荷の管理を簡単に行えます。自社開発WMSのため、「ロット管理をしたい」「賞味期限管理をしたい」といったお客様のリクエストに合わせて、システムの迅速かつ柔軟なカスタマイズが可能です。
全国エリア対応
東京―大阪―広島―福岡の4カ所に倉庫拠点を設置し、航空便・船便・貨物便や協力関係会社と有機的に連携しています。「このエリアにはお届けできません」といった心配は不要で、離島を含む全国各地どこへでもお届けします。天候不順など不測の事態が起こった際、代替輸送案を提案できるのも駿和の大きな強みです。
冷蔵冷凍倉庫対応
駿和では、協力関係会社と連携し、冷凍冷蔵倉庫および冷凍冷蔵車を確保。そして「北海道の特産物を一括で送るので、冷凍倉庫で保管しておいてもらいたい。九州のご家庭から注文が入ったら、配送を駿和にお願いしたい」など、お客様のコストや手間を大幅にカットできるご要望にお応えしています。

CONTACT

お電話からのお問合せ

092-691-8001

メールからのお問合せ